がんばらにゃあかん

とり立てて書くような出来事は起きていないんだけど、なんか最近追われてる感じです。
やらなきゃいけないことを、先に済ませて迎え撃つんじゃなくって、やらなきゃいけないことが既に渋滞の列を作っていて、慌てて交通整理してる感じ。

でもこうやって受け身で時間が過ぎていくのはこわいので、来年に向けて、そろそろ色々建て直しを計らなきゃいけません。
今年の(ていうか振り返るにはまだもう少し早いけど)後半は、小さなことだけど自分としては色々あったから、来年はいい意味で色々ある年になるといいなあ。

関係ないけど、“後半”って変換しようとして“公判”が先に出たり、
“膨張”って変換しようとして“傍聴”た先に出たり、
“既存”って変換しようとして“毀損”が先に出たり、
“登頂”って変換しようとして“盗聴”が先に出たり、
“警報”って変換しようとして“刑法”が先に出たりすると、
ああ、そっか私法学部なんだわーっておもったりします。

それに象徴されるように、法学部生であることが嬉しくもあり、嫌でもある複雑な心境です。
私は文Ⅲ出身(文学部って書くと少し語弊があるので。あえていうなら、法学と経済以外の文系科目学部、かな。)であることに誇りを持っているので、どうしても染まりたくない気持ちがあるんです。

いや、社会学の出であることと、法学の徒であることは別に背反じゃないとおもっていたんだけど。
でも、おもった以上に法学部には他の学部の価値を低く見ている人が多いことを知って、この一年半いろいろ複雑だったです。
もちろん、全員が全員そうなわけじゃなくって、私が仲良くしてもらってる人はそうじゃない。
でもわからずやーな人には、どうしてもお金や職業に直結しない学問を、“趣味の延長”的な見方をする人がいる。
私は自分の武器が欲しくて、専門が欲しくってこの道に行ったけど、専門性が高ければ高いほど、相対的な視野を持つのは難しい。入り組んだ道に入り込めば入り込むほど、今自分が歩いてきた道がわからなくなる。
道具として学問を勉強することに、未だに慣れません。
いや、学問として法学を好きになればいいんだけど、それじゃあ短い時間で受験に合格するのには遠回りになるんだな。

なんか、難しいね。
こういうことをうだうだぐじぐじ考える習慣自体が、大学の4年間で身についたものである気もしなくはないなあ。
とりとめもないけど。
[PR]
by hiyokodance | 2006-11-19 23:43 | 日々のできごと

いろいろ記録


by hiyokodance

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のできごと
おでかけ
映画
読書
未分類

以前の記事

2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

リンクなど

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧