<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

むにゅむにゅ

気づけばもうすぐ12月ですね。

11月26日 (土曜日)
駒場祭の日。

社会心理研究室に残った同級生と、後輩と、あと院生の人が劇をすることになっていたので、見に行く。
劇の脚本&演出は私たちの一個上の学年の人だったから、私たちの学年の人だけじゃなく、もうひとつ上の先輩たちも来ていて、けっこう懐かしい顔ぶれにたくさん会えました。
劇の後、水上君・井口君(わざわざ名古屋からきてた)・境さん・よこやま君と駒場裏にあるラーメン屋さん山手に行ってごはん。

その後、私は社会心理の面々と別れて、茶道部へ。
後輩やら同級生やら先輩たちと会って、話して、席に入りました。
久々に正座したら、ありえないぐらい足がしびれた…。よくあんなことやっていたなあ…。

11月27日(日曜日)
山ちゃんが大船に帰ってくる日。

山ちゃんがこちらに来ていたので、一緒に藤沢やら大船をうろつきました。
近所にできた超巨大なショッピングモールで、山ちゃんははしゃぎつつ、ベタという観賞用のお魚を買っていました。肺で呼吸できるから、水槽のぶくぶくとかがいらないんだって。
勝手にぎょぴちゃんと命名したけど、結局名前はどうなったんでしょ。

その後、ひよこ宅にて山ちゃんと一緒に夜ごはん☆
うふふ。よこやまちゃんの結婚式の日に続いて、二回目です☆
また来てね。

11月28日 (月曜日)
また一週間が始まりました。
そして、やってしまいました…。
ひよこの電話は今、メールの着信音が猫の鳴き声になっているのですが、
朝めざましに使ったまま、マナーモードにするのを忘れていたため、授業中しずかな教室に「にゃあお~」…響き渡りましたとも。結構リアルな猫の声が。
そりゃ、みんな振り向きますとも。
先生もあわてますとも。
「…教室の中に…??」
って、先生が言いかけたから、あわてて、「すみません、電話です。消しわすれてました」
ってあやまりました。
ひさびさに、相当はずかしかったです。
やれやれ。

帰りは少し早め(8時前)にきりあげて、oazoの丸善によって帰った。いつ行っても、本屋さんは楽しいものです。

11月29日 (火曜日)
ロースクールの授業は予習が必須です。
や、どの授業だって予習は必要なんだけど、要するに中高のときのようにあたるから、予習をやっていないとやばいのです。
月曜日もちゃんと予習したんだけど、途中で力尽きて、「50人中、この問題があたるのは一人だから、98パーセントの確率であたらないでしょ!」と豪語して、課題の問題に手をつけずにいました。
そしたら、あたった…。
民事訴訟法なのですが、それを解くためには民法の知識もいる。
今学期の授業だけでも精一杯なのに、民法のことまで思いだせないよー。
しどろもどろでした。
初老の先生に、「ここは習っただろ?習ったことを身に着けておかないと、前に進めないぞ」と、言われてしまいました…。「一気にいろいろ習いすぎて混乱してるんだな?」って言われました…。
勉強が足りないから、分からないに決まってるくせに、ひさびさにちょっと負けん気が起きました。なんか、見返すとかそういう意図じゃなく、完璧に知識をつけてなんでも答えられたらどんなに気持ちいいだろうって思った。
ま、そんな時間ないし、今の時点ではしばらく無理なんだけどね。

ロースクールは、大学院と言っても専門家への一歩すら踏み出せていない段階なので、少しもどかしい今日このごろ。
通常の院だったら、自分の専門をもって、研究したり論文書いたりしだすじゃんね。
社会人だったら、やったことが身について、次の仕事の肥やしになるじゃんね。
もちろんローの勉強だって、自分が専門にすることだし、職業につながることだけど、通常の大学院や社会人と比べたら、前の前の段階、というか。
前に出した例を使うと、コックさんになりたくて実際に料理を任されて少しずつでも作らせてもらえている段階と、まだ皿洗いとか床磨きとかをやっていて料理にかかわる前の段階との違いっていうか。
どんなにあせっても3年は規定値でかかるから、しょうがないんだけど、どんどん差がついていくような気がしてやっぱり焦る。
社会的なスキルとか、経験値とか、きっと大きく違ってくるだろうなあ。とか。
比較することが重要なわけじゃないけど、やっぱり先を行っている人より遅れてる人のほうがそういうの気になるわけだし。
みんなが同じ道をたどるわけじゃないから、もちろん今自分が経験していることは人が経験していることとは違っていて、そこからでもいろいろ学べばちゃんと自分なりには先に進めるはずなんだけどね。
何か、やっぱり根っこにはそういう焦りが常にあるなあ、と思う今日このごろ。

でもそういう悩みは持ちつつも、早寝早起きに生活を直したら、なんだか快調。
日々気分はいい感じです。秋冬は天気がいいからいいよねー。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-29 18:46 | 日々のできごと

秋の鎌倉へ

c0070968_23302016.jpg

今週は水曜日が勤労感謝の日でお休みだったので、木曜休みの私は2連休!わーい。
なので、ままと二人で鎌倉に行ってきました。
浄智寺を拝観、その後、若宮大路にあるおそばやさん、こ寿々に。段葛に面しているので、よく見かけるお店です。
雑誌とかにもよく載ってて有名みたいだけれど、行ったのは初めてでした。
おそば、ほんっと、おいしい!!!
そば好きなのでいろんなところに食べに行くけど、その中でも相当おいしいほうでした。
近くに寄った際には、ぜひ!!って、もう行ったことある人も多いかもですが。
名物のわらびもちも、もちっもちですてきでした^-^

そういえば、今週火曜日はクラスの友達の誕生日会でした。
吉祥寺で12人集まって、誕生会しました。
プレゼントの、トナカイのかぶりものが似合うこと似合うこと。
フッちー、キッシー、誕生日おめでとう☆
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-24 23:37 | おでかけ

新たな一週間

日曜日のバイトはかぜっぴきで休んでしまいました。
でも土日しっかり休んだおかげで、月曜日までには何とか学校に行けるくらいには治ったのでよかったです。
寒くなったのでみなさん風邪には気をつけて。

この間買った新しいカメラ~。
1本目のフィルムを現像に出したら、思いのほかくっきりときれいに撮れていて感激でした。
c0070968_2243082.jpg

[PR]
by hiyokodance | 2005-11-21 22:06 | 日々のできごと

かぜっぴき

c0070968_2137940.jpg

風邪をひきました…。急に寒くなったのに秋口と同じ格好をしてでかけたせいかもです。
のどが痛い~。でも明日はバイトなので日曜日休めません。
みんなも気をつけて…!
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-19 21:38 | 日々のできごと

海へ

11月17日 木曜日
c0070968_23274559.jpg


気がついたらもう11月も半ば過ぎなんだね。街のイルミネーションがにぎやかになりだすわけだ。

木曜日はお休み日なので、せっかく晴れたし写真を撮りに海へ行ってきました。
冬って3時には日が沈みはじめるんだね。
江ノ島、いつみてもいいです。

この間買ったカメラはフィルムなので、現像してみないとどういうのが写っているかはまだわかりません。ちゃんと取れているといいな。とりあえずデジカメのを載せてみる。
明日で今週も終わり。がんばりましょう!
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-17 23:27 | おでかけ

こないだの横浜の写真

c0070968_1533893.jpg

夕陽ってこちらから見ると沈んでいくようだけど、どこか別の場所からみたら同じ太陽が昇ってくる朝日なんだよね。
そういうことを考えると、谷川俊太郎の朝のリレーという詩を思い出します。
去年あたりに、確かネスカフェのCMで使われて、CM大賞をとっていたような。


『朝のリレー』

カムチャツカの若者が きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は 朝もやの中でバスを待っている

ニューヨークの少女が ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は 柱頭を染める朝陽にウインクする

この地球ではいつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる

それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

[ 朝のリレー / 谷川俊太郎 ]


なんか好きです。出だしも好きだけれど、“この地球ではいつもどこかで朝がはじまっている”ってフレーズを聞くと元気になります。
著作権とか大丈夫かしら。ま、まあ非公開だから。


火曜日もいつもと同じく平和に過ぎていきました。
商法の授業、進むの早すぎて、ノートをとる手が腱鞘炎になりそうです。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-16 01:49 | 日々のできごと

月曜日

授業は10時半なので、朝は7時半には起きなきゃいけないのです。
でも今朝起きたのは8時半…。まにあわねー…。

というわけで、潔く3限から出席。
休んだ講義は後からちゃんとテープ聞いて補足します。

授業後、いつもどおり友達としゃべったりした後自習して、友達と夕食食べてまた自習して、10時半に下校。
いつもどおりの毎日ですが、毎日何かと事件が出てきて、話題がつきません。このクラスもあと3ヶ月ちょいか、って思うと寂しいですが、ゼロからこれだけ仲良くなれるんだもの、きっと来年のクラスでも仲良くなれるはず!

荷物が重くてしょうがないので、構内を移動する用のチャリが欲しい今日この頃です。
勉強量が全然足りないよー。
見に行きたい映画とか、美術展とか、写真撮りに行きたい場所とか、甘いものを食べに行ってみたい場所とかいろいろあるけど、時間のやりくりをうまくしなくっちゃ。
と、大学院1年生にしてようやく思うようになりましたとさ。
めでたしめでたし。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-15 01:41 | 日々のできごと

カメラ購入!!

ついに買ってしまいました!Olympus pen D3です!!
フルマニュアルのハーフ判カメラです。1965年ごろに製造・販売されていたカメラなので当然中古ですが、すごくきれい。

デジカメはあるんだけど自分専用のフィルムカメラが欲しくて、どうせなら古いもので、ちょっと変わっていて、しかも自分で絞りやシャッタースピードも変えられるものがいいと思っていろいろ調べていた結果、Olympusが1960年から70年の間に製造していたPenシリーズにたどりついたの。Penシリーズはハーフカメラなので、フィルム1コマで2枚の写真が撮れます。つまり普通の24枚撮りフィルムで48枚撮れる。1960年代はフィルムが高価だったから、他にもリコーやキャノンやヤシカなどもこぞってハーフカメラを出したらしいです。
このオリンパスの出したPenシリーズにも色々あって、オートのもの(Pen EEとか)もあれば一眼(Pen Fとか)もありますが、このPen D3は高速レンズでフルマニュアル☆
そんなのを使いこなせるのかっていうはなしですが、少しずつ撮りながら感じをつかんでいきます。
高かったけど、ためてきたバイト代&500円玉貯金のぶんで買えたし~☆ねぎったら少しだけまけてくれて、フィルムもおまけにつけてくれたし~☆

実は本当に買うつもりだったのはPen Dといって、D3の前の型のものだったのですが、でもタイミングって大事なので、これを大事に使います。ちなみにDは露出計がセレン式電池という太陽電池みたいなものでできているので電池いらずなのに対し、このD3はボタン電池式なので露出計を動かすのに電池がいるんです。ちなみに電池は今は発売されていない水銀電池…。切れたら似たボルト数のものを入れなおさねばいけないのですが、まあ今のところ電池は動いているし、万一にも露出計がうごかなくなっても写真自体は取れるので、細かいことは気にしないことにしました。レンズはD3の方が進化型だし^^

初撮影はいつにしよう。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-14 00:05 | 日々のできごと

デビュー

11月11日 金曜日

ポッキーの日だね。まいちゃんが買ってきたきなこポッキーをもらって食べたらおいしかった。

今日は中古カメラ市に行くために、授業後すぐ学校を出ました。
だだだ代官山というところに生まれて初めて行ったよ…?
2年間も渋谷に通っていたのに、なんだかんだで行く機会がありませんでした。
うわさには聞いてたけど、可愛いお店いっぱいでおしゃれな街だねえ、おばあちゃん、びっくりしちゃった。
八幡通というところに出たかったんだけど迷ってしまい、人に聞こうかと思ったけど、“もしかして代官山で八幡通へ行く道を聞くのは、渋谷でハチ公の場所を聞くくらい恥ずかしいことなのかもしれない!”と心配になり、自力で探しました。

カメラ市の場所は小さなギャラリーでした。欲しいカメラの別の型はあったけど、そのものがなかったので購入はせず。
遅くなってのでおなかがすいていて、そこいらのカフェーに入ってお茶でもしようかと思ったんだけどもね、おばあちゃんちょっと気おくれしちゃってねえ。渋谷まで戻って、ロフトをうろついてから帰宅しました。
いやあ、渋谷に戻って、落ち着くと思ったのは今日がはじめて。ひよこはおしゃれな街だと緊張します。でも今度また、ままと行ってみるよー。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-11 23:38

少し、前進

刑事訴訟法を教えてくれている先生は、現役の刑事事件担当の裁判官です。
裁判官っていうとなんだか特定のおかたいイメージがあったんだけれど、社交的で優しくて面白い、すごくいい先生。

水曜日の授業の終わり20分ほど、みんなが事前に出していた質問に先生が答えて話す時間がありました。面白かったけどなんだか感動してしまいました。
何が、って言えないけれど、今まで裁判官に持っていたイメージがずいぶんかわった。
いままで何となく偉い人、えらぶっている人ってイメージがあったし、人が人を裁くことに無意識のうちに反感を持っていた部分があったかもしれない。
でも裁判官も人だから(当たり前だけど)人を裁くその背景には、すごい責任と重みがあって、それに耐えたりそこから学んだりしているんだなあって思った。
少年の心は本当に目に現れるんだって。段々澄んでいく様子を見るのが裁判官冥利につきる瞬間なんだって。

相当見方が変わりました。あ、かといって、私はそこまでの責任は負えないし(何より裁判官になるには相当優秀じゃなきゃいけないし)裁判官にはなれないとは思うけど。
でも、こうやって先入観を取る機会が与えられて、視野が広がるチャンスをもらえるとすごい、勉強になる。
[PR]
by hiyokodance | 2005-11-09 01:58 | 日々のできごと

いろいろ記録


by hiyokodance

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のできごと
おでかけ
映画
読書
未分類

以前の記事

2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

リンクなど

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧