<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ぽけらった

ニートのくせに!
と、言われそうですが、最近ちょっと虚脱状態です。
多少思い通りにいかないことはあるとしても、それだけでこういうことはないので、それ以外に考えられる原因を考えてみたんですが、
20年続いた学生生活がついに終わって、脱力状態にあるんじゃないかと思われます!
働きだしても結局は学校とかに近い職務だけど、それは仕事の内容が、であって、自分が学校に通えるわけじゃないから。

勉強嫌いだ嫌いだって思ってるけど、結局学校が大好きなんだなあ。
退職後のおじさまがしばらく放心状態になったりすることあるみたいだけど、そんな感じ?

9月から心機一転、勉強再開しよかと思います!
まあ、一日から温泉行くんだけどな。

関係ないけど、指輪とか小さいものを収納するために、小さい棚を買いました。
手のひらサイズ。↓

c0070968_0374684.jpg

[PR]
by hiyokodance | 2008-08-31 00:13 | 日々のできごと

ミッフィー

c0070968_039541.jpg


長崎に行ってきました。

ハウステンボスにも行きました。

ディックブルーナはオランダの人です。
[PR]
by hiyokodance | 2008-08-26 01:05 | 日々のできごと

映画

『オリヲン座からの招待状』  三枝健起 監督  2007年 日本

c0070968_2263038.jpg

 DVD再生機を購入したので、テレビでDVDを観られるようになりました!(今まではパソコンの小さい画面で見てた)

 原作は浅田次郎の「鉄道員」の中の短編小説。
街の小さな映画館とそこに生きる人々を、現在と過去を織り交ぜて描く形は、日本版ニューシネマパラダイスという感じもありつつ、舞台は戦後の昭和の日本なので、三丁目の夕日のようなノスタルジーもありつつ。

ただ、(映画館の話だけに)途中でたくさん昭和の古い映画が出てくるんです。
二十四の瞳とか、君の名はとか、無法松の一生だとか。
そして、見終わってネットを見てわかったんだけど、そうやって劇中に出てくる古い映画の内容やあらすじを知っていると、何であの場面であの人がその映画のことを口にしたのかとか、何であの場面であの映画を上映したのかとか、そういう深い複線がそこかしこにあったらしい。
 よく映画監督って、あちこちに昔の映画のオマージュを散りばめてるみたいだけど、少しそれに近いのかも。
 後から劇中に出てくる古い映画のあらすじと、本編がどう絡んでいたのかを知って、二度感動しました。あらかじめ知ってると、もっとよかったのかも。
そこをあえて本編の中で語らないのが、そこはかとなく上品でもあり、でも少し物足りなくもあり、という感じです。きっとほんとに映画好きな人が見たらまた違うのかもしれないなあと思います。
でも、そういう時代背景だとか古い映画の内容を知らなくても、静かでじんわりした映画が好きな場合はおすすめ。
[PR]
by hiyokodance | 2008-08-11 02:26 | 映画

いろいろ記録


by hiyokodance

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々のできごと
おでかけ
映画
読書
未分類

以前の記事

2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 02月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

リンクなど

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧